トップ

空室リスクの軽減方法

賃貸経営には様々なメリットが

金銭ストレスを賃貸経営で解消

賃貸経営をすることの一番の利点と言えば、不労所得として家賃収入を得ることができる点です。

給料のような労働所得の場合、働き続けなければ収入はなくなってしまいます。万一失業したり、入院して長期間働けなくなったり、一家の大黒柱が亡くなったとしても、賃貸経営では家賃収入が入ってきます。つまり、本業以外からの収入を見込めることで、金銭的なストレスから解放されることが出来ます。賃貸経営をお考えならこちら。

賃貸経営をすることにより不動産に対しての固定資産税がかかりますが、建物や設備の減価償却費用により所得税は安くなります。給料とは違って経費として差し引くことも出来ますので、節税効果もあるのが賃貸経営です。

<資金面で有利な賃貸経営>
賃貸経営の時に必要な資金ですが、投資には元手が必要になります。株やFXなど投資で儲けようと思うと数百万程の資金が必要になりますが、賃貸経営の場合は数百万の自己資金があれば残りの資金を事業資金として銀行から融資を受けることができます。

株式投資などでは投資に必要な資金を銀行で融資してもらうことは出来ません。自己資金の3倍から5倍の物件を購入することができる分、株式投資より有利になります。

銀行で融資を受けてそのお金で不動産を購入・建設し、入居者から得る家賃収入内でローンを返済するように資金計画をたてます。ローンが完済できればあとは家賃収入から必要経費を引いたものがそのまま副業の収入になります。

<リスクヘッジになる賃貸経営>
本業があったとしても賃貸経営は管理会社に全てを任せることが出来ますので、副業としては向いています。

物価が上昇してしまうと預金だけではなかなか資産を増やすことが出来ないどころか貨幣価値は下がってしまいます。ですが物価上昇するインフレの場合は、反対に不動産や家賃は上がる傾向にあります。また難しい世界情勢などから判断する必要もなく、株価が暴落するような○○ショックや円安などが家賃に影響することもありません。リスクヘッジにもなるのが賃貸経営のメリットです。

Copyright © 賃貸経営には様々なメリットが. All rights reserved.